脚痩せエステと正しい筋肉の使い方

脚痩せのために筋肉をつけようとすると、かえって脚が太くなってしまうことがあります。筋肉は熱を生み出す場所で、筋肉が発達すれば痩せやすくなります。そのために筋肉=良いもの、と思い込んでいる人も多いです。しかし、美脚を目指すならば話はちょっと違ってきます。

正しい筋トレ方法で筋肉をつけないと、ふくらはぎだけぼっこりして、バランスの悪い脚になってしまう危険性があります。バランスの悪い脚になってしまう原因は、筋トレのしすぎで起こります。脚痩せのためにエステに通って、毎日筋トレもして、というのは努力は認めますが、ちょっとやり過ぎです。エステに毎日通うのは費用的に難しいですが、筋トレはただでもできてしまうので、頑張ってしまう人は毎日やります。

するとどうなるかというと、筋肉が疲れすぎて、姿勢が悪くなり変な場所に筋肉がついてしまいます。特に多いのがふくらはぎです。自己流で脚痩せ筋トレをすると、ふくらはぎだけが突出して大きく発達してしまいます。筋トレを行うにしても、週に2~3回で十分です。

これ以上やっても効果は変わりませんし、かえって筋肉に負担をかけすぎて筋肉痛や脚のバランスが悪くなる原因になります。もし自己流のダイエットでバランスの悪い脚になってしまったら、エステでマッサージしてもらうと良いです。エステでは効率よく硬くなった筋肉をほぐすマシンを使ったり、ハンドマッサージを行ってくれます。筋トレのしすぎには注意しましょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*